折込み広告・新聞折込み・折込みチラシの広告サイト、オリコもっと!へ

高い反響率を生むチラシデザイン

デザインがキレイだけではまったく反響は得られません。ではどうすれば高い反響率を得られるのでしょうか? それはもらった人が「どんなチラシに反応したか?」を知るのが一番の早道。つい目が行くチラシってどんなチラシですか?

  • 「半額」という文字がある

    消費者は「半額」や「50%OFF」というキャッチコピーが大好きです。通常の販売価格の半分の価格 で提供されるので、それも当然です。しかし同時に「なぜ半額なの?」という疑問もわきます ので、その理由説明も必要です。

    YES 67人/100人

  • 「大処分」「売り 尽くし」という文字がある

    「大処分」「売り尽くし」は即ち期間限定を意味します。その限定感が 購買意欲を そそります。

    YES 56人/100人

  • 文字が大きい

    消費者は小さい字を嫌います。そしてほとんど読みません。伝えたいことが多くても、そのすべてを表記するのではなく、大きな文字で完結に表現を。

    YES 54人/100人

  • 「50%OFF」という文字がある

    「半額」ほどインパクトはないにせよ、「50%OFF」という表現は消費者の心に刺さります。50%以下だとインパクトは下がり、以上だと更に上がりますが1位同様になぜなのか、その理由を説明する必要があります。

    YES 51人/100人

  • 「激安」「格安」という文字がある

    通常価格だけどいろいろなおまけが付いてくる。おまけは一切ないけど、価格は安くなっている。 消費者は後者を選びます。今まで欲しかった品物が安くなっているのと、通常価格でいらない物がついてくるのでは、消費者が感じる値頃感が違います。

    YES 49人/100人

  • 「期間限定」という文字がある

    「本日から1週間限定」「○月○日まで!」等の期間限定、「先着○○名様」等の人数限定、「初入荷 ○○コ!」等の個数限定等の限定表現に消費者は焦ります。しかし1回目は反響が良くても、継続することで反響率は下がってくるのでご注意を。

    YES 46人/100人

  • 「キャンペーン」<br />
という文字がある” /></h2>
<p class=キャンペーンやフェア、フェスティバル等の言葉が特別なサービス期間であることを消費者は理解しています。この場合5W1H情報は必ず掲載します。

    YES 42人/100人

  • 「本日限り」という文字がある

    「本日限り」はチラシだけでなく、TVショッピング、ネット通販、店舗のPOP等で多用される消費者の焦燥感を文言です。しかし使い古された感は否めません。この文言は消費者は好きですが、その日 しか使えないので、コストパフォーマンス に優れていません。

    YES 39人/100人

  • 「ポイント5倍」という文字がある

    スーパーのチラシがよく使う手法です。会員を囲っている企業にとっては、購入意欲をそそります。 会員を集めたい場合は5倍では少ないので、「今入会すると1000ポイント」位のインパクトは必要です。

    YES 33人/100人

  • 「プレゼント」「特典」<br />
という文字がある” /></h2>
<p class=更に「もれなく」や「購入者全員に」という言葉をそえるだけで、ハズレなしという安心感がわいてきて、 店舗に足を運ばせる動機となります。

    YES 30人/100人

  • 「タイムサービス」という文字がある

    タイムサービスに限らず「サービス」という言葉は効き目があります。「増量」「お子様」「シルバー」「もう 1コ」等です。サービスの対価として提供者は個人情報を入手したがりますが、賢い消費者ですので提供する価値があるか天秤にかけますのでご注意を。

    YES 29人/100人

  • 「おすすめ」という文字がある

    「おすすめ」はお勧めのキャッチです。しかし提供者側がお勧めしても効きません。第三者、つまりお客様にすすめてもらうのが一番です。それも商品やサービスに対して口うるさそうな方、評価に厳しそうな肩書を持った方などです。

    YES 23人/100人

  • 「キャッシュバック」という<br />
文字がある” width=”363″ height=”63″ /></h2>
<p class=「¥30,000の商品購入で¥9,000キャッシュバックということは、商品価格¥23,000で3割引きね。この¥9,000で欲しかったアレも買えるわね。」消費者は瞬時に計算します。キャッシュバックは消費者に購入の選択肢を増やす良い手法です。

    YES 23人/100人

  • 「無料」という文字がある

    消費者は「無料」という言葉が大好きです。「無料お試し」「無料プレゼント」等。しかし同時に「ただより 怖いものなし」という言葉も知っています。無料には理由付けが必要です。

    YES 22人/100人

  • 「家計応援」「生活応援」という文字がある

    「応援」という言葉はダイレクトに響かず、実はそれほど効果を上げません。よく応援隊とか応援団という言葉が使われていますが、端的に言って消費者は「応援してくれるだけ?」という疑問がわいてきます。しかし社長が大きな写真で登場して応援団長を謳えば話は変わってきます。

    YES 18人/100人

  • 「先着順」という文字がある

    数に限りがある商品や限定感にある商品には効果的です。しかしどこでも購入可能な商品は効果が薄いです。

    YES 18人/100人

テキ朝日大学マーケティング研究所 新聞の折込チラシの閲覧と消費行動に関するマーケティングデータ 2009年5月 401名(20~69歳の女性)スト

高い反響率を生むチラシをつくろう!

印刷会社・オリコもっと!・デザイン会社の3つをそれぞれの項目で比較してみました。

  • 親切相談

  • デザイン 制作

  • チラシ印刷

  • 手間

  • 無料 サービス

  • 料金

  • 印刷会社
  • デザインの相談は ほとんどできません。
  • デザイン制作サービスを持たない印刷会社さんは多いです。
  • 本業のため問題なし。
  • デザインを別会社へ依頼し、入稿は印刷会社へ手間です。
  • 無料サービスはほとんどなし。
  • 安い印刷屋さんもあります。
  • オリコもっと!
  • 折込みだけでなく、デザイン相談も承ります。
  • 実績豊富。効果あるデザインをお約束します。
  • 印刷ももちろん承ります。
  • デザインも印刷もワンストップ。お客様の手間がかかりません。
  • 入稿前に無料で校正サービスを致します。
  • 料金もお安いです。
  • デザイン会社
  • デザインの相談は乗ってくれます。
  • クオリティの高いデザインを作ってくれます。
  • 印刷機能は持っていません。
  • 印刷会社は別なので手間と時間がかかります。
  • 無料サービスはほとんどなし。
  • 安いデザイン会社もあります。

比較してももっともお得なのはオリコもっと! デザイン・印刷・折込みまでワンストップで対応致します。

オリコもっと!

〒161-0035 東京都新宿区
中井1-1-9 MAP
TEL:0120-22-6762
FAX:03-3954-2504

MAP

tel:0120-22-6762

お問い合わせ 無料見積